2011年3月アーカイブ

ノコギリヤシリンク集

ノコギリヤシの効能効果はもちろん、役立つ情報を紹介します。

リンク集1
リンク集2
リンク集3
リンク集4
リンク集5
リンク集6
リンク集7

ノコギリヤシの具体的な効果効能

ノコギリヤシはトイレが近い(特に夜間に2~3回以上)ことや、排尿困難(尿の出やキレが悪い)、残尿感などの症状が改善に役立ちます。
いわゆる「頻尿」で悩んでいる男性、女性が最初に手にとってもらいたいサプリメントと言えるでしょう。


また、夜間の頻尿や残尿感といった症状が改善されることにより、質の高い睡眠が取れるようになって心身の疲労回復に役立つと共に、日常生活の質の向上にも有効な役割を果たします。

さらに、精力に大きな影響を及ぼしている男性ホルモンは、主に夜間の睡眠中に生成されているため、ノコギリヤシの働きによって、トイレのために夜中に何度も起こされるという余計なストレスがなくなり、良質な睡眠を取れるようになれば、ホルモン生成のバランス改善にもつながり、精力回復のサポートにもつながります。

もちろん、夜間のトイレや残尿感などの心配がなくなれば、精神的にもリラックスでき、セックスに集中して楽しむことができるようになるというメリットもあげられるでしょう。

ノコギリヤシの安全性や副作用

ノコギリヤシの副作用として「まれに胃障害」とあり、他の薬剤との相互作用は報告がないことから、「知られていない」と記載されている。
薬物との相互作用に関する記述はほとんど見られないが薬を服用している際には医師に相談したほうがよいでしょう。

まれに胃の不調、アレルギー症状、過敏症が出る場合があります。
ノコギリヤシは急性毒性も慢性毒性もなく、また処方薬との相互作用も現在まで報告されていません。

ノコギリヤシはハーブの中でも最も安全性が高い物のひとつです。

前立腺肥大は男性が加齢とともにかかりやすくなる病気 前立腺肥大は尿が出にくい,頻尿,残尿感,排尿に時間が掛かるなど様々な不快な症状があります。 前立腺肥大は30代頃から始まり50代で50%,70代では70%の男性に見られる症状です。 男性の生殖機能を維持し性欲を増大する「テストステロン」というホルモンがあり加齢によって衰えてきた前立腺は機能を維持するためにテストステロンを大量に取り込みます。 そのとき前立腺内でテストステロンが5α-リダクターゼという酵素によって「ジヒドロ・テストステロン(DHT)」が作り出されます。 このジヒドロ・テストステロンが前立腺を肥大させ,発毛や育毛を妨げ抜け毛を進行させる物質です。5α-リダクターゼは前立腺の他、皮脂腺にも多く存在します。 皮脂腺内でDHTが増えすぎると薄毛が進行し脱毛症になってしまいます。 前立腺肥大症は男性ホルモンから酵素働きによって作り出されるジヒドロテストステロン(DHT)という物質が 直接の原因です。 ノコギリヤシのエキスはこの酵素に働きかけ、DHTの生成を抑えるとともに、直接前立腺にも働きかけて、DHTが前立腺の細胞内に取り込まれるのを防ぎます。 ノコギリヤシの2つのパワーで前立腺肥大の症状をやわらげます。

健康成分として非常に注目されています。
特にアメリカのネイティブであるインディアンの間でこのノコギリヤシは使われており、その健康作用に関しては非常に古い歴史があるものなのです。

それではこのノコギリヤシはどのようなことに効果が期待できるのでしょうか。
特に男性機能に関して効果があるといわれています。
ヨーロッパではこのノコギリヤシを医薬品として利用しており、前立腺肥大などの治療に使われているのです。

日本では男性向けのサプリメントとして多く利用されているノコギリヤシですが、特に元気がなくなりがちな熟年男性にはこのノコギリヤシが好んで使用されているようです。

ノコギリヤシを摂りたい場合は、サプリメントで摂るのが一般的です。ノコギリヤシ抽出物を1日に320mg、最低4週間~6週間摂るようにします。そして効果が実感できた場合はとり続けると良いでしょう。

アメリカの研究者は前立腺肥大の予防のために45歳くらいからの摂取をすすめています。また前立腺肥大の薬での効果が芳しくないときにノコギリヤシの併用をすすめています。

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。