ノコギリヤシ(ソーパルメット)と前立腺肥大

前立腺肥大は男性が加齢とともにかかりやすくなる病気 前立腺肥大は尿が出にくい,頻尿,残尿感,排尿に時間が掛かるなど様々な不快な症状があります。 前立腺肥大は30代頃から始まり50代で50%,70代では70%の男性に見られる症状です。 男性の生殖機能を維持し性欲を増大する「テストステロン」というホルモンがあり加齢によって衰えてきた前立腺は機能を維持するためにテストステロンを大量に取り込みます。 そのとき前立腺内でテストステロンが5α-リダクターゼという酵素によって「ジヒドロ・テストステロン(DHT)」が作り出されます。 このジヒドロ・テストステロンが前立腺を肥大させ,発毛や育毛を妨げ抜け毛を進行させる物質です。5α-リダクターゼは前立腺の他、皮脂腺にも多く存在します。 皮脂腺内でDHTが増えすぎると薄毛が進行し脱毛症になってしまいます。 前立腺肥大症は男性ホルモンから酵素働きによって作り出されるジヒドロテストステロン(DHT)という物質が 直接の原因です。 ノコギリヤシのエキスはこの酵素に働きかけ、DHTの生成を抑えるとともに、直接前立腺にも働きかけて、DHTが前立腺の細胞内に取り込まれるのを防ぎます。 ノコギリヤシの2つのパワーで前立腺肥大の症状をやわらげます。

このブログ記事について

このページは、khが2011年3月 4日 23:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ノコギリヤシと健康増進や尿漏れ対策」です。

次のブログ記事は「ノコギリヤシの安全性や副作用」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。